全館空調システム 「パッシブエアコン」


「家中どこにいても心地よい」

例えば、真冬の家の中で、

リビングは暖かくても廊下に出ると、トイレや洗面所に行くと寒い。

どれだけ暖房しても足元がスースーする。

そんな経験はありませんか?

もしもそのような住まいを経験していたら、

それは、健康に良い住まいとは言えません。

 

パッシブエアコンは、

よい住まいでこそ真価を発揮する空調システム。

どの部屋にいても

四季を通じて快適に暮らせる住まい。

パッシブデザインの家に、

暖かさや涼しさをプラスします。



なぜパッシブエアコンなのか


全館暖房の快適さをエアコンで

太陽で床暖房するOMソーラーの快適さは豊富な実績と住まい手の満足度の高さが物語っています。しかし、日照に恵まれない、コスト的に手が届かないなどの理由からOMソーラーの導入を諦めざるを得ない方も少なくないのが現状です。そんな方にも床暖房の心地よさ、全館暖房の快適さを届けたい。パッシブエアコンはそんな思いから誕生しました。


パッシブエアコンとは

壁掛エアコンや床下に設置したエアコン1台を可動するだけでは、足元だけ寒かったり、頭のまわりだけ暑すぎたりと、身体への負担も大きくとても不快なものです。

パッシブエアコンは、自然エネルギーを取り入れで快適な住まいとしたパッシブデザインの家の小屋裏に本体を設置し、ダクト(配管)により冬は床下から暖房、夏は天井から冷房することで、屋内の温熱環境を一年中快適に維持します。

建物と空調設備が一体で計画されることで、屋内も屋外もすっきりと収まります。その上、煩わしいお手入れも1台分。これからの暮らしをシンプルで快適なものへ導きます。


冬の空気の流れ

パッシブエアコン冬の空気の流れ

 

冬は足元から家中ぽかぽか

ヒートショックの心配も無用

パッシブエアコンによる暖房の特徴は、暖かい空気が足元から全館に流れること。家全体がムラなく温められるので、足元が冷えてしまうこともなく、部屋の温度差によるヒートショックの心配もありません。

夏の空気の流れ

パッシブエアコン夏の空気の流れ

夏はサラリとした涼風で

高原のような心地よさ

局所的な冷房でなく、冷たい空気を頭上から室内へ均一に送ることで、最適な温熱環境を実現します。



パッシブエアコンのしくみ

パッシブエアコンと壁掛けエアコンの温まり方の違い


快適さは床や壁の表面温度で決まる

そもそも心地よさや快適さはどうやって得られるのでしょうか。一般的な快適さの指標として室温に注目しがちですが、私たちは床や壁の表面温度による体感を重視しています。気流感や温度ムラを感じさせない放射環境が心地よさをもたらすからです。

パッシブエアコン断面空気温度と風速

パッシブエアコンの場合

室内のムラが少なく、床面積の温度が高い。また、不快な風となる気流もほぼ生じない。

壁掛けエアコン断面空気温度と風速

壁掛けエアコンの場合

エアコンの温風があたる箇所、あたらない箇所の温度のムラが大きく、気流感も強い。



血圧の上昇を抑えるためにも室温管理は重要

最新の健康住宅に関する調査から、温度差の少ない環境が住まい手の血圧を安定させることが分かってきました。特に脳卒中や心筋梗塞などは、早朝から午前中に多く起こることから、その予防のためにも室温管理が重要であることが指摘されており、その対策としても全館暖房は非常に有効です。


血圧箱ひげ図

寝室の室温と収縮期血圧(起床後)の関係の具体例(50歳以上のケース)

上図は冬季の就寝時の寝室の室温と、起床後に居間で測定した家庭血圧に関する実測結果の分析結果。就寝中の寝室の平均室温が10℃低くなると、朝の平均収縮期血圧は7mmHg高くなる傾向が見られた。また高さ1.1mの室温が10℃低下した際の血圧上昇が平均5mmHgに対し、床上10cmの室温が10℃低下した際の血圧上昇が平均9mmHgという結果も得られ、足元の冷えが血圧の上昇に大きく影響を与える傾向が見られた。

パッシブエアコンのサイトへ移動します
詳しく知りたい

OMソーラー パッシブエアコンのページに移動します